犬のアレルギー

【犬のアレルギー】対応成功と失敗・2つの実体験

頭を掻く犬

最近は犬にもアレルギーがあることが広く認識されるようになりました。

犬の場合、アレルギー反応が皮膚のかゆみなど、「アレルギー性皮膚炎」として出る場合が多いようです。

私自身が見た犬のアレルギーも、皮膚に異常が見られるケースでした。

今回は実際のケースのご紹介と、飼い主ができる対策を考えたいと思います。

体験ケース1:チワワがチキンアレルギー

知人のチワワですが、ペットショップで「チキンアレルギーです」と言われたそうです。

本来白くフワフワであろう体毛が、ベタついて脂っこい状態。

トリミングのお店でシャンプーしてもらっても変わりません。

チキン不使用のフードを利用したり、病院にかかったりすることでかなり良くなりましたが、毛はゴワゴワのままです。

おそらく今後もフワフワにはならないでしょう。

アレルギーはストレスが影響することもあります。

実はその子はペットショップに長くいた子で、正直あまり手をかけてもらっている状態ではありませんでした。

それを見かねて知人が家に連れ帰ったのですが、もっと早くにきちんと対応していたら、悪化しなかったかもしれません。

いまはチワワもゴロゴロのんびり過ごしているので、症状は落ち着いてかゆみなども無いようです。

良かったね。

体験ケース2:ペキダックスの耳が真っ赤

恥ずかしながら、以前私が飼っていた子の話です。

ペキニーズとダックスのミックス犬でした。4㎏。

この子もアレルギーだった、と思います。

耳の内側の皮膚が赤くて、よく体を掻いていたからです。

なぜはっきりしないのかと言うと、自分の意識が低くてアレルギーの可能性をあまり深く考えなかったからです。

病院でも「耳が赤い。体をよく掻いていないか?」と聞かれましたが、それが普通だと思っていたので、それ以上の対策は取りませんでした。

ドッグフードもスーパーで売っている「被毛をきれいに!」みたいのを買っていました……。

せめてもう少し、原材料に気をつけてフード選びをすればよかったと後悔しています。

ごめんなさい。

いま一緒に暮らしているチワックスは、今のところアレルギーは無いようです。

でももう後悔しないように、ドッグフードはしっかりしたフードを選びました。

選んだフードはこちらですコスパ抜群!安全安心のドッグフード

家庭でできるアレルギー対応

基本として、湿度が高い・不潔な環境は、アレルギーは無くても皮膚炎や病気を起こす可能性があるので、犬の生活環境は風通しよく清潔に整えましょう。

アレルギーかな?と思ったら、病院に連れて行って獣医さんに見せるのが一番だと思います。

アレルギーも、ノミアレルギー・アトピー性皮膚炎などいくつか原因があるからです。

ただ、食べ物アレルギーを疑う場合は、家庭でもできることがあります。

  • アレルギー対応食や疑われる原材料不使用のフードをしばらく食べさせる
  • 症状がおさまったらまた元のフードに戻す
  • また症状が出て、再び対策フードでおさまるようなら、食べ物アレルギー

それ以降は、特定の原材料に気を付けてフードを選ぶと良いです。

アレルギーになりづらい原材料を使ったドッグフードに関心がある方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

">鹿肉から昆虫まで】こだわり原材料のおすすめドッグフード

それでも一度は病院に

とはいえ原因が複数の場合もあるので、できれば病院にかかることをおすすめします。

かゆみが強い場合は内服薬などでかゆみを抑えて、犬の負担を軽くすることもできるんです。

血液検査などでアレルゲンの特定ができれば、その後も確実な対応ができるので安心です。

ただし療養食などで症状がおさまれば、詳しい検査はしない場合もありますので、検査を希望する場合は獣医さんに相談してみましょう。

https://inuinumix.com/archives/5127
!完全無添加ドッグフードの無料モニター!

完全無添加で有名なドッグフードドッグフード工房』の無料モニターが始まりました。

たっぷり4日分・3種類のドッグフードが、なんと無料でおためしできます。

WEB限定企画で、もちろん送料も無料。

ぜひこの機会におためしください!



↓クリックすると犬と人間が喜びます(U ・ㅊ・ U)
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ MIX超小型犬へ